メニューが表示されない場合はここをクリックしてください
近年の食生活の改善として大豆は見直され、ただおいしいだけでなく、健康を促進する食品として注目されています。そんな大豆・豆腐製品のまめ知識をご紹介します。


大豆・大豆から作られる豆腐に含まれる様々な栄養素をあげてみました。そのすばらしい効果をぜひご覧ください

レシチン

記憶や認知能力を
高める

血管についたコレステロールや中性脂肪を洗い流す。コレステロールをはじめとする脂質代謝を改善して、動脈硬化を予防します。
また、脳の情報伝達やその記憶、さらに瞬時の判断、指令に書かせない物質です。脂肪酸やグリセロール、リン酸、コリンが結びついて構成されているレシチンは、腸内に入ると個々の成分に分解され、バラバラになります。このうちのコリンが、脳のなかでアセチルコリンへと変身し、記憶や認知能力に関係する情報伝達物質として働きます。
レシチンは、ビタミンCと一緒にとるとアセチルコリンの生成がより高まります。

イソフラボン

骨粗鬆症
更年期障害
乳がん
前立腺がん
子宮がんなどの
予防

骨のカルシウムの過剰な流出を防ぎ、補給したカルシウムを逃さない効果があります。骨粗鬆症を予防します。
また、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。 更年期障害は女性ホルモンの不足が引き金となりますので、女性ホルモン作用をもつイソフラボンはとても有効です。
イソフラボンは女性ホルモンの欠乏を補うと同時に、女性ホルモンの分泌過剰に対してはそれを抑える方向に働きますので、女性ホルモン過剰が引き金となる乳がんの予防にも役立つことが明らかにされています。ほかにもホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんに対しても効果的と考えられています。

サポニン

生活習慣病予防 活性酸素を除去し生活習慣病予防に働きます。
オリゴ糖 整腸作用 オリゴ糖には、善玉の腸内細菌であるビフィズス菌を増やす働きがあります。
カルシウム 骨・抗ストレス カルシウムは、骨や歯の重要な材料になるだけではなく、イライラを防ぎます。

リノール酸、
リノレン酸

コレステロールを
減らし、動脈硬化
や高血圧の予防
生活習慣病の原因になるコレステロールを減らす、不飽和脂肪酸をたくさん含んでいるので、動脈硬化や高血圧などの予防にもその効果が期待されている。

ビタミンE

美肌

血行をよくする働きがあり、美肌作りや肩こりなどに効果があります。
また、 Eは抗酸化ビタミン。不飽和脂肪酸(リノール酸など)と一緒にとることで、酸化されにくく、効率的にとれるようになります。
 
●特に凍り豆腐に含まれる栄養素
凍り豆腐には生豆腐の栄養素がギュッと濃縮されているので生豆腐と同じ量ならば、より多くの栄養素が取れます。また加工によってできる栄養素もあります。豆腐をよりパワーアップした食品です。
チロシン 集中力や積極性
やる気を高める
チロシンには、ノルアドレナリンやドーパミンの分泌を高める作用があります。
集中力や積極性、やる気を高めるのに大切な物質です。
ドーパミンにはもうひとつ、体の動きをコントロールする重要な役割もあります。中高年になると、体の動きがスムーズでなくなるのは、ドーパミンの減少が一因といわれています

ページのトップへ▲

凍り豆腐とは、豆腐を凍らせて水分を取り除き、乾燥させたものです。
水分84〜85%のやや固めの木綿豆腐を使い、凍らせた豆腐をそのまま熟成します。スポンジ状になったら脱水し、火力で乾燥して仕上げます。
凍り豆腐の一片は生豆腐の4半丁にあたるといわれ、栄養価が高く、たんぱく質50%、脂肪25%、カルシウムも豊富で、しかも消化が良い、もっと利用したい豆腐製品です。
 
土地によっていろいろな呼び方があります。
凍り(こおり)豆腐 JAS(日本農林規格)で決められた正式な食品名。
高野豆腐 高野産を中心とした関西圏の呼び名
凍み(しみ)豆腐 長野・東北地方の呼び名

ページのトップへ▲

凍り豆腐のたんぱく質の含有量(100g当たり50.2g)は、同じ大豆製品と比べても、木綿豆腐6.8g、納豆16.5g、豆乳3.6g、きな粉35.5g、差は明らかです。
豆腐を凍らせて乾燥させて作る凍り豆腐は、大豆のタンパク質が凍結の際に一度分解され、元の豆腐よりもアミノ酸の量が多くなるのです。
凍り豆腐は、体をつくるタンパク質のもととなる20種類のアミノ酸がまんべんなく含まれており、しかも、どの食材よりもたくさん入っています。脂肪燃焼効果が話題のアミノ酸が抜群に多い凍り豆腐は究極のダイエット食として注目されています。
詳しくはこちら→こうや豆腐普及委員会/アミノ酸ダイエットページ
また、ダイオキシンの排出と、肝臓への蓄積を抑制することが研究報告されています。こうや豆腐の製造で「凍らせる」という過程によって、たんぱく質が凍結変性することに関係があるとされています。それらの動きが、ダイオキシンの体内蓄積を阻止し、排出されやすくなると報告されています。


ページのトップへ▲

 
■凍り豆腐   ■油揚げ・がんもどき

そのまま調理可能な便利なものもあるので、ひと手間省くにはおすすめです。
塩分が強くても固くなります。

凍り豆腐を煮るときは、薄味で、ちょっと甘めがおいしく感じられます。
最近では「味だし付き」も売っているので簡単に調理して、おいしくいただくことができます。
 
 

 
表面の油がじゃまをして調味料がしみこみにくく、仕上がりも油っぽくなってしまいます。そこで「油抜き」 をします。ざるにのせて、表面に熱湯をまんべんなくかける方法が一般的です。

作る料理によって「油抜き」の手法も使い分けることが大切です。
いなりずしのように油揚げ自体にしっかり味をしみこませる場合には、ゆでて油抜きを、炊き込みごはんのように油のうま味をいかす料理の場合は湯をかける程度にとどめましょう。

おいしく煮るには、たっぷりの煮汁でゆっくりと煮詰めるのがコ ツです。

■豆腐
買うときには、身がくずれていないものを。
また、保存する際には、かならず容器に水を浸して、その中へ…。
水をはなれた豆腐には離水という状態がおこり、食感が悪くなることでも知られています。

ページのトップへ↑

 
 
羽二重豆腐株式会社
本社:石川県金沢市西金沢2丁目162
Copyright (C) 2004 Habutaetoufu Co.,Ltd. All Rights Reserved.